出産後に旦那との仲が冷めた人必見!トキメキを取り戻す10の方法

大好きな彼とめでたく結婚し、待望の子どもに恵まれた幸せな生活。しかし、嬉しいことばかりではありません。

出産で変化した身体、生活リズム、パートナーとの関係。旦那の事は嫌いじゃないけど・・・なんとなくうまくいかない!

なんてことありませんか?嫌いではないけれど仲が冷めてしまった!という人にトキメキを取り戻す方法をお教えします!

出産で変化するのは身体だけではない!

出産という大仕事を終えて・・・

女性にとって出産は命がけです。出産だけではなく妊娠中には悪阻、高血圧、浮腫など様々な苦労も経験します。

また、出産後の身体はガタガタで睡眠時間も削られ、変化した身体や生活リズムによって精神的に辛い思いをする人もたくさんいます。

そんな中で「SEXレスになってしまった」「無性にイライラして八つ当たりしてしまう」「異性としての愛情が冷めてしまった」などパートナーとうまくいかなくなってしまった人も多いのではないでしょうか。

産後は女性ホルモンが激減!?

妊娠中はお腹の赤ちゃんを守って無事に出産できるようにホルモンがたくさん分泌されています。しかし、出産を終えると大量に分泌されていたホルモンが役目を終えたと判断して激減してしまいます。

このホルモン分泌量の差が著しく起こることによって、ホルモンバランスが崩れてしまい様々な症状を引き起こすのです。

ホルモンバランスの崩れが夫婦仲を悪くする!?

産後のホルモンバランスが崩れることによって次のような症状が起こりやすくなります。

  • イライラ
  • 肌荒れ
  • 髪が抜ける、パサつく
  • 不眠
  • 生理不順
  • 太りやすくなる

これらの症状は時間の経過とともに次第に治まりますが女性ホルモンの乱れを理解しているかどうかで心理状態は大きく変わってきます。

産後、必ず通るホルモンバランスの乱れを理解して穏やかにパートナーと過ごせるようにしましょう。

旦那が好き!もう1度トキメキを感じる方法!

トキメキとは「期待や喜びで胸躍る状態のこと」(Wikipedia参考)だそうです。つまり「ワクワク!」「ドキドキ!」状態のことですね。

この期待感というのはとっても素敵な感情ですが、「期待していたのに・・・」という状態になってしまうこともたくさんあるので相手に期待しすぎることはオススメしません。

本当にトキメキを取り戻したいのであれば、相手に何かを期待するのではなく、自分から変えてみましょう。

トキメキを復活させる10の方法

考え方を変えることができたら以下の行動を実行してみましょう。全部する必要はありません。少しずつ、出来る範囲で意識して取り組んでみましょう。

甘える・頼る

男は頼られたい生き物です。自分ひとりで抱え込まずに家事や育児を手伝ってもらいましょう。言い方には気をつけて、優しく穏やかにお願いすることが大切です。

労いや感謝をことばで表す。「ありがとう」「お疲れ様」など、言葉にして伝えましょう。「おかえり」の後に「お疲れ様」をつけるだけで言われた側の印象は変わります。

男性が家事や育児をするのは「当たり前!」と思っていても「ありがとう」「助かるよ」など感謝の気持ちを伝えましょう。

「私は言ってもらっていないのに・・・」と思う方もいるかもしれませんが、相手に期待するのではなく自分が変わることが関係性に変化をもたらす第一歩です。

夫婦で息抜きをする

ご両親や兄弟などに子どもを預かってもらえるという環境があるのであれば、思い切ってお願いしてみましょう。

2~3時間でも夫婦二人きりで食事や映画鑑賞に行くとリフレッシュできるのでオススメです。

子どもを預かってもらえる環境がないのであれば、子どもが眠ったあとに2人でゆっくりお酒を飲む、DVD鑑賞やゲームをするなど2人で楽しめる時間を作りましょう。

スキンシップを大切にする

スキンシップは円満な夫婦関係の維持にとても大切です。SEXそのものではなくハグやキス、手を繋ぐなど方法は様々です。

冷めているのにいきなりそんなことできない!」という人にオススメなのは、何かを渡すときに指先を触れさせたりTVを見ながらもたれかかってみたり、と日常の中にさり気なく「触れる」機会をつくることです。

モヤモヤを正直に話す

何か不満や悩みを抱えているのであれば、正直に話すことが大切です。相手が気付いてくれると思っていたら大間違!

男性は言葉にして言われなければわからない生き物です。辛い時は辛い、悲しいときは悲しいと伝えましょう。話すことであなたの心も軽くなるはずです。

遠出をする

赤ちゃんが小さいと難しいかもしれませんが、少し足を伸ばしてリフレッシュする機会を作りましょう。赤ちゃんの生活リズムが掴めてきたら遠出もできるようになります。

準備さえしっかりしておけば、意外と大変に思うことなく楽しいお出掛けになりますよ。車で行くのであれば「運転お疲れ様、ありがとう」が自然と言えるきっかけにもなります。

写真などを見返す

付き合っていた頃の写真や結婚式のDVDなど、大好きだった頃の思い出を振り返ってみましょう。

「初心忘るべからず」と言いますが、生活や環境が変わっていく中で初心は忘れ去られてしまうものです。しかし、思い出の品を見返すことで初心を取り戻すことだってできるのです。

笑顔で接してみる

人間の脳は無理にでも笑顔をつくることによって「楽しい」「幸せだ」と判断します。つくり笑顔でもいいのでとにかく実践してみましょう。

また、笑顔で接してもらった人は本能的に「味方だ」と判断し、幸福感を得ることができます。

無理に作った笑顔だったとしても相手は幸福だと感じるので本当の笑顔なら尚更です。笑顔は穏やかな夫婦関係を築くキーポイントです。

オシャレをする

産後は赤ちゃん中心の生活になるので自分のことがどうしても後回しになりがちです。

メイクやファッションに気合を入れ、月に1日でもいいのでオシャレしてみましょう。自分自身も女子力が向上し、パートナーも異性としてドキッとするかもしれません。

良いところ探しをする

一旦夫婦仲が冷めてしまうと、相手の悪いところばかりが見えてしまうもの。でも、トキメキを取り戻したいのであれば良い所を探すことが大切です。

歯並びが綺麗」「朝自分で起きる」「ご飯を残さず食べる」など、小さなことや当たり前のようなことでもOKです。

そしてその良い所を「書く」「伝える」など行動に移すことができればさらに夫婦仲の修繕に繋がります。

番外編!女性用ホルモンを注入してトキメキ復活!?

女性ホルモンは心の安定剤!

女性ホルモンの減少や乱れは心身ともに悪影響を及ぼします。

出産によって乱れたホルモンバランスを整えることが情緒の安定を促し、パートナーに穏やかな接し方ができるようになるので、結果的に冷めた気持ちを取り戻すことへと繋がります。

女性ホルモンは意識と継続!

出産で一気に減少した女性ホルモンを補うためには以下が効果的です。

  • バランスの良い食事
  • 適度な運動
  • 質の良い睡眠
関連記事

オーガズムに達する事で普段は得られないオキシトシンという愛情ホルモンがドバドバと分泌される事を以前の記事で書きました。 [sitecard subtitle=関連記事 url=https://camblia.com/galichu/h[…]

食事面ではタンパク質発酵食品オリゴ糖や食物繊維を積極的に摂取するようにしましょう。牛乳を豆乳に変える、バナナやヨーグルトを毎日食べるなど取り入れやすいところから実践してみましょう。

また、赤ちゃんの生活リズムが整うまでは睡眠不足になる人が大勢います。休める時間があれば赤ちゃんと一緒に眠りましょう。

赤ちゃんの生活リズムが掴めてきたら、質の良い睡眠を心がけて眠る前のスマホをやめる、寝る2時間前には食事を済ませるなど意識してみましょう。

まとめ

産後、冷えきってしまった夫婦関係の修復は不可能ではありません。本当にトキメキを取り戻したいのであれば、まずは自分自身の考え方から変えてみてください。

そして行動に移すことによって、少しずつ笑顔や素直になれることが増えていきます。いつまでも仲の良い夫婦でいられるように実践してみてはいかがでしょうか。

最新情報をチェックしよう!