30人の女子に聞いた!指入れは何本?痛くない手マンとは?ほとんどの男性が勘違い?

突然ですが、あなたは正しい「指入れ」できていますか?

『この人勘違いしているな”と感じた前戯は何ですか?』というアンケートでは、実に60%の女子が「指入れ」と回答。

男性のイメージと女子の本音に大きなギャップがあることがわかります。あなたの指入れも、パートナーに痛みや不快感を我慢させてしまっているかもしれません。

この記事では、その実態を探るべく、気になる「指入れ」について30人の女子に聞いてみました!これを機会に本当に気持ち良い指入れテクニックを習得してくださいね。

痛くない指入れとは?Gスポットはどこ?

まず指入れの目的はなんでしょうか?指入れで刺激できる性感帯には、主にGスポット、Aスポット、ポルチオ等があります。

しかし、その中でもまずは基本的なGスポットを押さえるべきでしょう。Gスポットは他の膣内のスポットの中でも最も多くの女性が感じやすいと言われています。

Gスポッ第一関節から第二関節までを入れて指を上に曲げた場所にあります。少しザラザラしています(女性によって個人差あり)。指を奥まで入れすぎるのは要注意です。

まずは第一関節から第二関節程度まで挿入して痛くないかを聞いてみるのが無難です。よければ指の腹を上に向けて、Gスポットを押してゆきます。

何本がベスト?はじめは1本から

性感帯と同様に、気持ち良いと感じる指の本数も人それぞれです。

AVや雑誌の影響なのか、なぜか指2本が基本スタイルだと思っている男性も多いようですが、まずは指1本から始めましょう。

それから様子を見ながら2本へと増やしていくのが無難ですが、基本は1本で十分です。3本,4本は女性からリクエストがない限りしないでください。

無理な本数で指入れをしてしまうと、膣内はもちろん膣の入口が痛くなってしまうケースもあるので要注意。Gスポットは”点”です。膣口には性感帯は存在しないので広げても気持ちよくないのです。

入りはしたけれど動かしたら痛かった、というパターンもあるので、しっかり濡れているか確認しながら指入れをするのがポイントです。

女子へのインタビューからは以下のようなコメントが挙げられています。

  • 『指一本でも苦痛の時がある。』
  • 『2本以上は痛いだけです。』
  • 『盛り上がってる時は三本入れられる!』

いよいよ実践!指の動かし方

それではここでは動画付きで指の動かし方を見てゆきましょう。

指入れのやり方

挿入の際は以下の2つに注意しましょう。

  1. ゆっくりと少しづつ指を挿入する
  2. 指入れ直後はじっとする

女性の膣は指入れ前と後で形が変わります。挿入物に合わせた形状記憶ができるようになっています。なのでゆっくりと指を入れをしたらしばらくジッとしてください。形状記憶ができる前に指を動かすと痛みを感じます。

間違った指の動かし方

指を抜き差しする人がいますが、これは気持ち良くありません。Gスポットから指が外れて、むしろ痛みを感じるので注意しましょう。

正しい指の動かし方

Gスポットは点です。なので指を上下に動かしましょう。コツは女性の体重を利用しながら行うと同じペースでできます。

指入れが「痛い」その理由とは?

あるアンケートによると、なんと女子の80%が「手マンで痛かった経験がある」と回答しています。つまり、セックスを経験している殆どの女子が痛かった経験を持つのです。

指入れが「痛い」と言われてしまう理由は主にこの3つ。

  1. 力が強すぎる/激しすぎる
  2. 濡れてないのに入れようとする
  3. まだ膣内の形ができていない

女子からは以下のようなコメントが挙げられました。

  • 『がしがししてくる人が多すぎる。』
  • 『AVの見過ぎ。』
  • 『粘膜をカリカリ…。意味が分からないし痛い!』

膣は粘膜で出来ている繊細なパーツなので、強く激しく刺激すれば気持ち良いというわけではありません。

力任せに膣内をかき回したり、ペニスの様に大きく出し入れするような指入れは膣内を傷つける可能性が高く、非常に危険な指入れです。

指入れをしてパートナーが痛がっているようであれば『もしかして、自分に原因がある?』と一度振り返ってみてください。間違っても『膣が狭いんじゃない?』などとは思ってはいけません。

まとめ!正しい指入れをする4つのポイント

ここからは、本当に気持ち良い正しい指入れの3つのポイントをご紹介します。

手は「清潔」に

『爪の長い人はみんな下手でした。』。爪が長いと膣を傷つける原因になります。短く切るなど、丁寧に手入れをしましょう。また爪切りでパチンと切っただけの爪は、角や切り口が尖っているのでやすりも忘れてはいけません。

動きは「ゆっくり」

指入れはもちろん、キスから始まる全ての前戯を「ゆっくり」することを意識してみましょう。前戯は指入れだけではありません。雰囲気づくりも含めてゆっくり丁寧に行うことで、濡れやすくなりますし、結果的に指入れもスムーズにできるようになります。

指を入れたら動かさずにじっとする

よく「膣が降りてくる」なんて言葉を聞いたことはありませんか?実は女性の膣は形状記憶をする機能が備わっています。

指でもペニスでも、挿入後はその形に合わせようと膣の中が変化します。しかし、それをする前に指やペニスを出し入れすると痛く感じることが多いのです。

なので指を入れて少なくとも30秒くらいは動かさず指と膣がフィットするのを待つのが正解です。知らない人が多いので気をつけてください。

見るのは性器ではなく「パートナーの表情」

あなたが触れるのはAV女優でも、架空の平均的な女子でもありません。ネットや書籍で得た知識も役に立ちますが、同時に目の前にいるパートナーをしっかりと見てあげましょう。

どこを触ると気持ちよさそうにしているのか、どのくらいの強さ・リズムが好きなのか等、表情から読み取れる情報はたくさんあります。

「パートナーとセックスの好みを話し合う」とはよく言われますが、面と向かって口に出すのはやはり恥ずかしいもの。だからこそ、プレイ中の相手の表情に注目してあげてくださいね。

また自信のない方は指入れをしながら意見を聞いてください。聞かずに痛い思いをさせるのは一番避けるべきです。

指入れで大切なのは「女子の気持ち」

「デリケートな場所を触る自覚を持ってほしい。」

独りよがりで間違った指入れはパートナーの身体を危険にさらします。場合によっては、腹痛や不正出血の原因となってしまうこともあるのです。

AVでは激しくするほど女優さんが感じているように思えるかもしれません。また、激しい指入れの末に潮吹きをするシーンに憧れを持っている男性も少なくないでしょう。

しかし、AVはパフォーマンス・ファンタジーです。自分がしたいと思っている指入れよりもパートナーが喜ぶことを意識しましょう。

以下では指入れも併せて女性への手マンの方法を解説しています。是非参考にして見てください。

関連記事

女性が気持ち良いと感じる手マンをご存知ですか?また、彼女が気持ちいいと言っているのは本音ですか? もしかしたらあなたを喜ばせる為に演技をしているかもしれません。 実際に勘違いをしている男性が多く、女性が痛かったり、我慢していたり[…]

最新情報をチェックしよう!