Cスポットの触り方と舐め方とは?女性が最高に気持ちいいと感じるやり方を徹底解説!

「セックス中に彼女にもっと気持ちよくなってもらいたい」「エッチ中に彼女が気持ちよくなっているか分らない」セックスをしている時に、相手が本当に気持ちよくなってくれているのか不安に感じる人も多いのではないでしょうか?

今回の記事では、女性が本当に気持ちよくなれるCスポットのさわり方と舐め方を徹底解説していきます。

Cスポットとは

Cスポットとは、女性器の中でも一番外側にある性感帯で別名「クリトリス」ともいわれています。クリトリスは、男性の身体でいうところのペニス部分に当たるので、敏感でデリケートな部分でもあります。

クリトリスの位置

(画像引用:ラブコスメ)

クリトリスの場所はひとによって多少異なりますが、膣の下(小陰唇の合わさる部分)に位置します。小陰唇が合わさるところにある突起部分がクリトリスですが、クリトリスの大部分が体内にあるので、わかりにくい場合もあります。

その場合は小陰唇を少し広げるようにするとわかりやすくなります。膣口から上になぞるように探すと、簡単に見つけることができます。

男性器と同じように、クリトリスは皮を被っていることがあり、それが原因で突起が見つけにくい場合もあります。さらに性器には人それぞれの個性があるので、男性が思っている場所にクリトリスがない!なんてこともよくあります。

アンダーヘアに隠れて、探しにくくなっていることもよくあります。

クリトリスの大きさ

クリトリスは女性によって大きさが全然違います。手先で探す場合、わかりやすい突起物が見当たらないこともあります。

少ししか出ていないように見えるクリトリスでも、実際の長さを数センチから10センチ近くだと言われています。突起部分は男性器の亀頭みたいに、敏感になっています。

男性がクリトリスを探す方法

クリトリスを探す場合は先述したように、小陰唇を優しくなぞって上の方に行くとたどり着きます。まっすぐ上に上がり、指はらで触った時にコリコリとした突起物があればそれがクリトリスです。

しかし男性にはクリトリスの場所が見つけにくく、特に暗い中で愛撫している時、手先だけでは探しにくく、目で見てもクリトリスは小さく確認しにくい場合があります。

そのためセックスで男性がクリトリスを探せなくて焦ってしまう場合などは女性側がうまく誘導してあげる、男性側から女性に聞いてみるなどして場所を確認しましょう。

クリトリスは大事な性感帯

クリトリスは、女性にとって大事な性感帯です。進化の過程でクリトリスが退化しなかったのは、「性的興奮に特化した器官」として存在するからと考えられます。

クリトリスには、陰部神経(性的興奮に関わる神経)が集まっていて、そのために刺激すると激しい興奮が得ることができ、オーガニズムに達します

興奮を感じると、ペニス同様血液が集まって充血して勃起しますが、男性と違い見た目ではわかりにくいことが多いです。

クリトリスで感じるオーガニズムとは

クリトリスでの快感があまり分らないという人も多いです。そして、クリトリスよりも膣の中やGスポットが好きだという女性もいます。

よく言われる外イキとは、クリトリスを刺激することで得られるオーガニズムのことをいいます。

初心者でも感じやすく、快感が上り詰めた間隔から一気に電気の走るような快感が得ることが出来ます。外イキ絶頂に向かって上り詰める感覚で瞬間にイクことができ、一瞬頭が真っ白になるのが最大の魅力です。

中イキは、膣の中にあるGスポットという性感帯を刺激して、感じるオーガニズムのことで、多くの女性は中イキよりもクリトリスの外イキをしやすいといわれています。

クリトリスで感じさせる触り方や舐め方

クリトリスの基本的な触り方は、優しくソフトに触りましょう。女性の反応をみながら力加減を変化させ、性感帯を興奮させていきます。つい夢中になりすぎて、強く愛撫してしまい痛みを感じさせてしまうことが内容に注意しましょう。

クリトリスは最初から強くこすりあげるよりも、リズムをつけて振動を与えながら愛撫するのが効果的です。優し浮く触りながら、一定のリズムでクリトリスを愛撫すると、次第に快感の波に襲われ始めます。

触り方のリズムが変わってしまうと、変化により途中で我に返ってしまい、気持ちよさが半壊してしまうことがあるので注意しましょう。

最初は優しく触れて女性器全体を愛撫しよう

クリトリスは男性の亀頭部分よりも約3倍感じやすく敏感な場所ともいわれています。そのためいきなり触ることはせず、最初は下着の上から触れ始めるのが効果的です。

少しずつじわじわと責めて、これから始まる気持ちの良いセックスの期待感を感じることが重要になってきます。

最初はクリトリスに直接触れずに周りの女性器全体を優しく触れるようにしてみましょう。また女性は足の付け根の部分にも性感帯があるため、その部分を優しく触ると徐々に興奮します。

少しずつポイントを絞って愛撫してみる

周りを刺激したら次にクリトリスを触って行きます。この場合、下着の上からクリトリスの部分を触れるか触れないかぐらいの弱い触り方をして焦らすのがおすすめです!

その柔らかなタッチでより敏感になってきます。特にじらされることが好きな女性は、クリトリスを直接触るのではなく、周辺から徐々に責められると感じやすくなります。

いつクリトリスを触ってくれているのかというじれったい気持ちがさらなる興奮へとつながります。また興奮を感じ始めると、クリトリスは赤く膨らみ始めます。男性器の勃起と同じようにクリトリスも勃起していきます。

しっかり感じているのであれば、クリトリスの見た目の印象も変化してくるはずです。

クリトリスを直接触る場合は円を描くように

クリトリスを直接触るときは、中指や人差し指で描くようにゆっくり優しく愛撫しましょう。徐々に愛液が溢れてくるので、気持ちよくなり始めている合図とみて問題ありません。

直接クリトリスを触るときは、指に愛液をつけて滑りを良くし、ゆっくりと反応を見ながら優しく愛撫していくのがポイントです。

クリトリスは快楽を感じると自然と皮がむける場合もあるので、いきなりクリトリスの皮を無理矢理むいて刺激を与えないようにしましょう。あくまでも、ソフトタッチでゆっくりと円を描いてクリトリスに刺激を与えていきます。

クリトリスの触りすぎにも注意

クリトリスを触ると、女性が気持ちよくなっているのか目に見えて分ります。ですが、頻繁にクリトリスを触るのはNGです。先ほども書いたとおり、クリトリスはとてもデリケートな部分です。

こすり続けることで、皮が向けやすくなったり、炎症を起こす可能性もあります。なので、クリトリスの触りすぎにも注意しましょう。

Cスポットはソフトに攻めて快感を与えよう!

今回は、女性が直接快感を得ることのできるCスポットの触り方や舐め方を紹介していきました。Cスポットは別名クリトリスともいわれており、女性の身体の中でも敏感な部分になります。

触り方で注意してほしいのが、最初は直接触らずに周辺の性感帯を優しく触りましょう。相手が興奮してきているようになってきたら、優しく円を描くように触りましょう。

またリズムをつけながら優しく愛撫することで、女性は次第に快感の波に襲われます。クリトリスは非常にデリケートな部分なので、激しく触ったりせずに相手を思いやりながら気持ちよくさせましょう。

最新情報をチェックしよう!